イメージ画像

看護師でもうつ病になる?

最近、社会人でうつ病になる人が増えてきています。それは看護師も例外ではありません。近年、医療機関や施設の仕事は接客業であるという考え方が定着してきています。そのため、看護師の負担も大きくなってきていて、ストレスもたまりやすくなっています。また、病院内での人間関係もうつ病に影響していると言われています。

看護師には、医療事故を起こしてはいけないという大きなプレッシャーがあります。日常の業務は安易な仕事ではありません。人の命を預かる現場なのだから仕方がないと言われてしまいそうですが、看護師も一人の人間です。そんなプレッシャーに押しつぶされそうになってもおかしくありません。

ですので、看護師の置かれている現状は相当厳しいものと言えるでしょう。また、大きな病院での勤務体制は過酷ともいえます。日勤の勤務だけでも大変なのですが、それに加えて夜勤や当直の勤務も入ってきます。そんな過酷な勤務体制の中で、離職していく看護師が多いのも事実です。

仕事や人間関係が大変でうつ病を患ってしまうと日常生活に大きく影響してしまうので、離職をしただけではうつ病が改善されないことが多いです。一度離職をしてうつ病から回復をしたけれど、いざ復職をすることになった時、前の職場の経験がトラウマとなってしまい、なかなか仕事を決めることができないことも多くあります。

そうなってしまうと、せっかくの看護師資格も経験も活かすことができなくなってしまいます。心が病んでしまうほどつらい思いをしてまでその職場にしがみつく必要はないでしょう。心身が健康であってこそ働くことができるのです。今の職場で悩んでいるのであれば、うつ病になってしまう前に転職を考えてみてください。

環境を変えるのは悪いことではありません。今よりいい条件で働きたい、人間関係のいい職場へ行きたいなど、今そのような思いがあるのであれば、新しい職場を探してみることをおすすめします。

このページの先頭へ