消費者金融:初めてキャッシングをするのであれば…

消費者金融:初めてキャッシングをするのであれば…



皆さんは、1年を通してどの季節が一番キャッシングされる季節だと思いますか?答えを言ってしまうと春夏秋冬の中でも一番出費がかさむのは冬、しかも年末年始だといわれています。
おすすめの消費者金融を教えて!

旅行に出かけたり、家電などを新調したりといった大きな出費に加え、案外ちょっとした出費もかさむものです。ボーナスが出たから、新しいバッグを買おう、とか、お正月は美味しいお酒でも取り寄せようか、大晦日はお寿司でも食べに行こう、など、様々な誘惑についつい惹かれてしまいます。

そして年明けには福袋やセールもやってくるわけです。地元に戻ったオトナには、親戚のお子さんたちへのお年玉も待っています。気付かないうちにお財布の紐がゆるみっぱなしで、現金はあらかた消えていた、このようなことは珍しくありません。

次のお給料までもう少しだけど、そのもう少しを乗り切るのが難しいかも…。このようなケースでは、小さな額をキャッシングして賄うのがオススメです。未だに消費者金融をネガティブに捉えている人は少なくありませんが、現在ではキャッシングを上手に活用する人が増えています。

またキャッシング会社の中には、初めての人に30日間無利息などのサービスを提供してくれたり、インターネットなどから申し込みや予約ができるようなところも存在します。低金利の銀行系カードローンなども人気です。せっかくキャッシングするのであれば、自分に合っている企業から融資を受けたいものですよね。

どのようにして自分が使いやすいキャッシング会社を見つけるか、ということですが、キャッシング会社を比較するサイトで、自分にピッタリの企業を見つけるのがお勧めだといえます。

居住地域や仕事を選択するだけで、金利などの条件を明記した各企業が表示されますので、そこから探すだけで見つける事が可能です。簡易審査は匿名でOKですから、申し込み履歴が残ってしまわないのも親切です。インターネットを利用して、お得にキャッシングできるサイトを探してみましょう。
長崎銀行


キャッシングと収入証明の関係

最近では「キャッシング」という言葉を聞かない日はありません。街角にあるポスターや、テレビ等のCM、ネットをしていても広告を見たりする機会は多いです。それだけ私たちの生活に、キャッシングは身近になってきたと考えられます。

さて、そのキャッシングですが、これから利用してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。初めての申し込み時に必要なものといえば、一般的には本人確認書類のみです。

本人確認書類のみで、キャッシングの申し込みができます。但し、例外もあり、審査の内容によっては収入証明書提出を求められることもあるようです。ではどのようなケースで収入証明書を求められるのでしょうか。

まず一つ目のケースですが、借入れ金額が50万円以上になる場合となります。初めてキャッシングする際に50万円以上の限度額になる人はなかなかないパターンだと思いますが、ある程度キャッシング利用している人が増額した際など、50万円を超える融資額になった際に収入証明書提出が必要になる場合があるのです。

そして二つ目のケースですが、申し込み金額が50万円以下の場合でも、他のキャッシング会社から融資してもらっている金額と、限度額を足した額が、100万円以上になった時となります。

中には契約する際には収入証明書は不要で大丈夫、といった企業もありますが、一定期間内に未提出の場合は、融資を断られるという企業もあるようです。

収入証明書と一言で言っても、様々なものが存在しますよね。給与明細書を始め、確定申告書、納税証明書に、源泉徴収票などです。どの収入証明書も、一番新しい年度分の書類を提出するようにして下さい。

もしも給与明細書を収入証明書として提出する場合は、一番新しい月、その次に新しい月の、二か月分が必要です。このふた月分の明細書に書かれている平均月収×12ヶ月で出た数字が年収と考えられます。また、ボーナスが出ている場合は、忘れずに賞与明細書も提出するようにして下さいね。


キャッシングが救えるものとは

日本は豊かな国だと思われがちですが、今、貧困に喘いでいる若者が増えつつあります。とあるアンケート結果では、日本に住む人の20人に1人が、しっかりとした食事や飲み物を取ることのできない状況で生活した事がある、といった事がわかりました。

飢えの経験者の中でも、教育を受けたのが、義務教育まという30歳以下の人が18パーセント弱、30代から40代までの人が17パーセント弱と、全体の40パーセントを占めていることになります。

よく、ホームレスの人たちは、「まさかこのような生活をするとは考えてもみなかった」ということを口にされますが、今は普通に生活している人だったとしても、思いがけない何かの事故によって、住む場所や食べるもののない生活をするようになるのかわからないのです。

このような生きるか死ぬかという状況になる前に、ぜひ「キャッシング」という方法があるのを思い出して欲しいものです。

もしも、後ひと月後にお金を手にする事が出来る、でもそれまでの生活が危うい、といった場合でしたら、「初めてキャッシングする人は30日間利息なし」といったサービスのあるキャッシング会社を選んで下さい。

それとも、辛い生活はまだ続くけど、ちょっとずつ返済できれば…、ということでしたら、無利息サービスの他にも、低金利のキャッシング業者を選択しましょう。

人はギリギリの生活が続くと思考能力が極端に落ちてしまい、何が正しくて何が間違っているかという事がわからなくなるものです。ですからそのような状況に陥るまえに、自分がぎりぎりになったときの、自分にピッタリのキャッシング会社や、キャッシングの仕方を準備しておくのもいいと思います。

3万円の融資を受けるにしても、どの会社にするか、返済方法はどんなものにするのかで、利息の大きさは異なりますよね。普段から準備しているようでも、今は未来がどうなるかわからない時代です。

生活に困窮したとき、ほんの僅かなお金に助けられるときは必ずあります。このようなケースに備え、余裕のある時に、キャッシングのカードだけでも準備しておくと心の支えになるでしょう。

日本というのは表面的に見ると豊かな国に見えますが、そのために貧困に喘ぐ少数派の人たちの存在がわかり辛いのが問題です。実はいつ自分の身に起きるか解らない、他人事ではないということを、まずは把握することからスタートしましょう。

↑ PAGE TOP